EURUSD M5 トレーリング

昨夜のちょっとしたトレーリング

5分足での下降警報を受信した。


直ちに15分足で確認してそれらしいと判断した。

残念ながらNサインの確認は取れなかった。 そこで直近の押し目のブレイクを信用して警報受信時のローソク足の完成を待って参入した。

規準点は押し目としてルールどおりに計算値幅に手仕舞い点(TP1)を設定した。ここは半数処分として、残数は計算値幅の2倍位置(TP2)に設定した。


EURUSD M5 Trailing

その他の取引が忙しかったので、ストップを参入値に引き下げて、放置した。

しばらくそのまま忘れていたが22時に確認したときには決済は終わっていた。

トレイリングの組み立て

25日12時55分に 5分足チャートから下降警報が送られてきた。

観察してみると、11時35分を山とする下降警報だった。

チャートを30分足に切り替えて観察しても、1時間足でも同様の印象を得た。

トレイリングをするのに好都合のパターンだと認識して参入の確認に移りうまく売り参入できた。

ここまでが下のチャート左端で見られるNサインとその他の設定だ。

30分足の印象では18日から上昇を始めたチャートが一旦ピークを示したのでここらから利益確定が始まると判断した。

そこで定石どおりに計算値幅で半数の処分を指示して,残数は計算値幅の3倍で処分の指示をした。

ここまでがチャートで見える範囲だ。

残数処分の位置は枠外に破線で示した。

AUDJPY M5


トレイリングも丁寧に実行すればかなりの利幅を稼げるが、ここにはストップを活用して負けても赤字にならない工夫は不可欠と考える。

警報の利用はこんな所にある。

警報を受けたからと言って何も考えずにバタバタと参入したのではとても危険だと言うことも知ってほしくて運用メモ(チャート)をアップした。

参考になれば幸甚。


注: 
上記チャートはMT4であって、実際の売買は国内の実績の多いブローカを利用している。

当然チャート上の値動きは違っていて,チャートの形もMT4に似ているが同じでは無いことを知っていてほしい。


続報:
AUDJPY を1時間足で観察中。
少し指値に手を加えて手仕舞い指し値を 5/24 14:00 の安値に変更した。
ストップも変更した。
ここまでやっても文句は無いだろう。

AUDJPY H1 変更

続報2:
残数全部処分完了・・・もう少しトレイリングをまじめにやれば利幅を稼げたのに・・・後の祭りか!

NZDJPY M5

細かな稼ぎが続く。

警報を受けて、サインの確認をして、セットアップまで約1分半。

約定を確認してOCO決済注文を終えて、チャートの作画にかかっている間に利益確定が終了した。

NZDJPY-M5

今日はこれ以上稼ぐ事は無い。

連続して手を出すとやられる事が多いから守りに入る。

AUDJPY M5

AUDJPY M5

USDJPYの値動きとは逆になっているのが気がかりだが売り参入したのだから仕方が無い。

目標値でバウンスして逃げられたがStopを参入値に再設定して眺めている。

間違えても損害はゼロだ。

AUDJPY M5

まもなく続報をアップできると思っている。


-*-*-*-
追記

10:28 参入値で手仕舞い約定、 その後の急騰である意味助かったと考えている。

EURJPY M5

朝からの一稼ぎ

EURJPY M5

警報を受けてN-サインを描いたがタイミングが少しずれていた。

そこで基準点をルールどおりに設定して目標値とストップロスを設定をした。

利幅は狭くて(8.1pips)利益は少ないがこれは仕方ないこと。

設定後 朝食中に利益確定した。


EURJPY M5

取り組み枚数は相変わらずだ。

counter

プロフィール

金細工

Author:金細工
金細工のFX・先物会議室へようこそ!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

フリーエリア

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

QRコード

QR